SWEET SLOW DAYS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「清須会議」

三谷幸喜の「清須会議」を観てきました。

三谷幸喜って、ドタバタコメディのイメージがあり、「清須会議」の予告映像もそんな感じだったので、超笑えるかと思って観に行きましたが、ギャグの要素は少ないです。
てゆうか、中途半端です。
そして、織田家の後継者を決める清須会議でどう2時間の映画を作るんだろう?と思いましたが……
フフフ…やはり清須会議だけで2時間延ばすのは、とても長く感じましたわw
要するに、期待外れの映画でした。

第一、肝心の清須会議自体がつまらない…
裏切りや恨みなどドロドロした部分を出したいのか、ギャグで進めたいのか、どっちつかずの流れなので、引き込まれないんです。
基本的なストーリーは史実通りになってるので、歴史を知ってる人にとってはわかっている結末に向けた映像を見ることになります。
でも、時代劇ってそういうものだし、よくわかっているストーリーだからこそ、見せ場を期待しているわけで、そこが監督・脚本家の手腕にかかっているところだと思います。
正直、今回の「清須会議」では三谷幸喜の手腕が発揮できていませんでした。

でも、出演者達は豪華なだけあって、また、それぞれキャラが立っているためその点は楽しかったです。
特に良かったのは、羽柴秀吉役の大泉洋。
秀吉の陰と陽をとてもよく演じていて、見ていてとても胸糞悪くなりました。(誉めてます)
あと、思いのほか良かったのが剛力彩芽。
引眉にお歯黒という、売り出し中の若手女優さんからしたらお断りしたい風貌にさせられてますが、これがまた似合ってたw
そして、その顔でとーーーーってもいい表情をするんです。
この二人は三谷幸喜作品に出るのは初めてですが、今後、いろんな作品に出てくるようになりそうですね。

話がずれるけど………
堺雅人って三谷幸喜の「新選組!」でブレイクしたイメージがあるけど、そのあと三谷幸喜作品に出てないような気がする…
なんでだろ?
使いずらい俳優さんなのかな???

もとい…

「清須会議」は期待値が高かっただけにちょっと残念でした~
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。